歯石除去をする意味と方法

白い歯

歯医者を利用する方のなかでも多い歯周病は、歯磨きを丁寧に行なわなかったことなどが原因となっています。歯石や歯垢が溜まり、細菌が増えて発症する病気です。この病気になると土台がボロボロになって、歯を支えることができなくなるので放置しておくと抜歯することにもなりかねません。そうならないためにも、歯石や汚れは歯医者へ行って定期的に取り除いてもらいましょう。
歯医者で歯石を取り除くことをスケーリングといいますが、この治療を行なうためには時間がかかるので何回か通院する必要があります。また同時にその分費用もかかるので、いくらぐらいになるのか通院予定の歯医者へ確認しておきましょう。ただ、歯石除去完了までに保険適用されれば約千円程度で済むため、案外安く歯を綺麗にケアすることができるでしょう。もし保険適用外で除去した場合は、約3千円から1万円は掛かると覚えておきましょう。この場合は、保険内でするよりも最新の医療機材を使って行なうのでより綺麗に汚れを取り除くことができます。

歯石を歯医者で綺麗に除去した後からもう心配ないと判断される方がいますが、それは間違いです。定期的に行わないとまた新たな歯石や歯垢が付着してくるので安心してはいけません。綺麗さを維持するためには毎日隅々まで歯を磨き、歯周ポケットに溜まった汚れも糸ようじを使って取り除くように心がけてください。さらに歯医者へ行って定期的に口内ケアを行うべきで、スケーリングをする頻度の目安は長くても半年に1回は行なうようにすると綺麗な状態を保つことができるでしょう。

抜歯の際の麻酔の効果

白い歯

麻酔をしても効きが甘いことがあるでしょうが、これにはいくつかの原因があるのです。蕨市の歯科クリニックで治療する前に、まずは何が体で起こっているのかを知っておくと良いでしょう。

詳細を確認する...

小児歯科について

歯ブラシ

子供を歯医者へ連れて行き治療をすることは簡単なことではありません。子供の歯は大人と違いますし、不安を抱えて阿倍野の歯科クリニックに来る子が多いので、どのような病院を選べば良いか知っておくと良いでしょう。

詳細を確認する...